Mecha-TokはOEM提供が可能

Mecha-TokのOEMは、2種類の提供方法があります。

摘要 OEM-Full OEM-Half
貴社 提供名称 貴社オリジナル名称として販売可能。 Mecha-Tok名称での販売
全システムの利用 貴社で利用可能、改変も可能。 現状のままで、管理機能の一部を活用。
利用者管理機能 あり あり
会員費用の回収 あり(オンライン決済提供) 貴社で回収
申込受付 あり 貴社で受付、登録の実施
提供コンテンツ 増減調整可能 Mecha-Tok本体と同様
販売価格の設定 自由設定 880円で値引き不可
各費用 OEM-Full OEM-Half
初期導入費用(税込) 11,000,000円 33,000円
保守メンテナンス費用(月額・税込) 495,000円 なし。(管理委託の場合、110,000円)
1利用者に対する費用(月額・税込) 440円 660円(購入枠数により応相談(550円まで))

OEMのメリット

①Mecha-Tokを導入して頂く事で、削減した交通費分を貴社サービス販売分に充当することで販促に役立ちます。

交通費の削減分で、貴社商材をご提案できる「営業のフック」として

アップセルのイメージ

Mecha-Tokで削減した費用 = 貴社商材の販売費用

-貴社 お客様サイド

東京ー新大阪間 往復一泊
・Mecha-Tok利用で、12,000円/回 削減
・12,000円 × 月2回 × 10人 × 1年
 = 2,400,000円 削減可能!

右やじるし

-貴社サイド

貴社の機器・システムなど
2,400,000円の販売機会創出

②OEM-Fullは、かなりの初期費用とランニングが必要!OEM-Half なら、初期費用33,000円で管理機能付き

Mecha-Tok OEM Halfとは、Mecha-Tokのサービスを自社サービスの会員の方々に提供することができます。
提供後の会員管理なども自社で行うことができます。

Mecha-Tokからは会員登録の「枠」を提供。
購入枠数に応じて、特別価格でご提供!

下やじるし

御社にて申込受付と会員登録・会員管理を実施。
料金回収も既存のサービス金額に上乗せすることで簡略化

OEMHalfイメージ図

提供概要

  • 貴社とMecha-Tokで法人契約を締結し、枠を100枠単位で購入して頂きます。弊社サイト内の法人契約管理機能で、個人の管理を行うことができます。
  • 弊社は、貴社が購入した枠数分を、毎月ご請求するだけ。
  • 法人で一括契約するため、エンドのお客様は、入会金無しでも加入可能。入会金を設定するかしないかは、貴社が決定権を有します。

管理機能

  • 入会受付は貴社で行っていただきます。
  • 利用月額会費を決められ、回収も貴社で行うことが可能。 回収は、貴社サービスの請求とあわせて行うなど、検討ください。
  • 前述の要領で、貴社で会員管理が可能となり、様々な応用ができます。

Mecha-Tok OEMHalfの販売条件と価格

販売条件 ・自社サービス会員向けとしての購入であること
・初回法人契約100枠の購入
初期設定費用 30,000円(税別)
1枠の販売価格 購入枠数によります。お問い合わせください。
最低販売枠 100枠から(追加購入は20枠単位)

メディア掲載実績

  • カンニング竹山のイチバン研究所

    TOKYO MX
    カンニング竹山のイチバン研究所

資料送付希望・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に

Contact

詳しい活用法などの資料をご用意しております。

担当者より折り返しご連絡差し上げます。